「未経験」こそ、もっとも価値のある財産です。

転職のきっかけは、前職で認知症を扱ったドラマの脚本を書いたこと。より認知症について知りたいと思うようになり、この世界に飛び込みました。脚本を書くにあたり認知症介護について調べたとはいえ、無資格・未経験からのスタート。未知の世界に、毎日が疑問だらけでした。しかし、いま思えば「知らないからこそ出てくる疑問」に価値があると感じます。
例えば、食事をとらない方の場合。職務経験が長くなるとついつい疾病を原因に考えがちです。しかし、未経験の方は何も知らない分「周りに気を使っているのかな?」「今は気分が乗らないだけ?」と、素直な視点で見ることができます。私たちが向き合っているのは“認知症“ではなく”人“。何も知らないからこそフラットな視点で人を見れるのは、この仕事において大きな強みと言えるでしょう。無資格・未経験はハンデではありません。

SHINSUKE MURANAKA村中 信介

グループホームなごみ松ノ木/責任者

2011年中途入社

私の趣味

食べる事が大好き!
特に甘いものには目がありません。
もちろん、お酒も大好きです。