【気づき】

2018年11月16日 : ブログ

人事部の武藤です。

 

最近、電車内で広告を見ている人、

つまり顔をあげている人が少なくなったと感じています。

逆に言うと、下を向いてスマートフォンを見ている人の方が圧倒的に多いですね。

私の勝手な主観では、

・朝のラッシュ時に電車の中で上を見ている人:20%

・スマートフォンを見ている人:60%

・新聞・本を読んでいる人:5%

・寝ている人:15%

です。

 

「上を向いて歩こう。言い換えるなら顔をあげて歩こう」

目線が上を向いていた方が背筋も延びて健康にも良い。

スマホを見ているよりは目も悪くならない。

人や電柱等にもぶつからない。

知人とすれ違ったら気付く確立が高い。

 

そして何よりも困った人がいたら、すぐに気付きます。

人間一人では生きられません。

助け合い等が大事とも言われますが、気付き合いもとても大事です。

 

介護の仕事もこの気付きを大事にして支援していきます。

PageTop
採用ブログ
最新記事
【パソコン】
【外国人】
【足組】
【子どもの発想】
【学び】
カテゴリ
全表示
お知らせ
ブログ
新しいカテゴリ1
月間アーカイブ
<  2018-11  >
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30