【足組】

2018年12月04日 : ブログ

人事部の武藤です。

 

12月になり、今年も残りわずかになりました。

私は今年が後厄で、少し早いですが1年を振り返りたいと思います。

 

今年何か悪いことがあったかなと思い返すと・・・ありました。

それも同じこと2回です。

 

2回とも電車で席に座って足を組んだ時に、

スーツのズボンの左足、太ももあたりが破けたのです。(少しピチピチでありました。)

1回目は会社帰りで、最寄りの駅からはカバンで隠して帰りました。

2回目は出社時で、全く同じ場所が破けました。(違うスーツです)

同僚にメールで事情を話し、ズボンを購入して出社しました。

ちなみに同僚からの返信は「コントみたいだね」と一言。

 

私はそれ以来、スーツでは足を組まないように意識していますが、

癖で自然にやっている時もあります。

足組をすると骨盤・身体の歪みに繋がってしまうとも言われておりますので、皆さんもご注意ください。

【子どもの発想】

2018年11月30日 : ブログ

先日実家に行きました。

実家には仏壇があり、2歳の娘と一緒にご先祖様に手を合せました。

すると娘はご先祖様に向かって、「いただきます」と。

娘の中では「手を合わせる」=「いただきます」という認識だったようです。

 

そういえば娘にきちんと手を合わせることの意味を伝えていなかったので、分かりやすいように

「ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃんに毎日見守ってくれてありがとうってお祈りをするんだよ」

と伝えました。

 

すると娘は「アーメン」とお祈りを始めたのです。

娘はカトリックの保育園に通っており、「お祈り」=「アーメン」だったようです。

 

子どもの発想に家族で大笑いしてしまいました。

ご先祖様もひ孫の発想に大笑いしてくれたと思います。

 

毎日の子どもの成長が楽しみです。

 

【学び】

2018年11月27日 : ブログ

人事部の武藤です。

 

小学校3年生の息子にこう言われました。

「パパ、国語が好きになった」と。

 

遡ること2か月前。

息子は国語が大嫌いと祖父母(私の実親)に話したようで、

私の父親より「お前に似て国語が嫌いみたいだ。今からそんなことじゃ困るな」と。

一言余計だな、と思いながら伝えられました。

 

妻と話し、11月に公文の国語体験教室があることを知り、

その体験に参加させ、2度目の授業後に興味を持ったようです。

分からないことが分かるようになったことが大きな要因で、

なんだかこっちが初心に戻り勉強させられました。

 

私も課題解決へ向けて頑張ります。

【モッてる男】

2018年11月22日 : ブログ

人事部の松尾です。

 

先日朝早く、友人の手伝いでワンボックスに荷物を積み、

相模湖から都心に向かうため、高速を走った時のこと。

積荷をし終わり、エンジンをかけて走り出すと、なんだかエンジンの調子が悪い。

気にはなっていたのですが、16万㎞も走っていて、

友人曰く「そろそろ買い替えだな」と話をしながら

高速に乗り八王子料金所があと少しという辺りで、

バックミラー越しに大量の白煙を確認。

 

これはただ事でないと、路肩に止めて車を降りると、妙にゴムの焼けた匂いがする。

少し時間が経つとマフラーからの白煙はなくなったので、

社内に戻るとエンジンが止まっている。キーを回すも全くエンジンはかからず。

二人して顔を見合わせ「ついにやったか」と諦めムード。

 

任意の保険会社経由で積載車を手配してもらい、

路肩のすぐそばにあった緊急用の電話で高速道路公団に連絡、経緯を説明する。

15分後に黄色の高速道路公団車両が到着。

 

隊員に状況を説明し、赤いカラーコーンを設置していただき、

黄色く反射するベストの着用を義務づけられる。

積載車が来るまでの間、ガードレールの外で待機する。

目の前を通り過ぎる車の起こす風が想像以上に寒い。

 

約50分近くして積載車が到着し、無事に高速を降り、修理工場へ運ばれる。

何故か頭の中では「ドナドナ」が流れ、何とも切ない気持ちでした。

 

レンタカーを借り、再度積み替えをしている際に整備士から

「何らかの原因でエンジンが焼きついていますね。

そのまま走っていいたら大惨事だったかもしれません、

路肩に止めて正解でしたね」と言われました。

 

そこで友人が「やっぱりモッてるな、松尾は」と言っていましたが、

私の心の中では「初めて乗った車でエンジンが焼き付くのはモッて無いだろ」と思うのでした。

 

車に乗る方は、点検・整備をしっかり行い、事故の無いようにお気を付けください。

【高校サッカー】

2018年11月20日 : ブログ

人事部の武藤です。

お正月の全国高校サッカー代表48校が決まり、

すでに敗退した学校は次年度の新人戦がスタートしました。

 

私の趣味の一つは高校サッカー観戦で、

私自身も小学校から高校までサッカーを続けておりました。

 

一昨日、母校の試合(新人戦1回戦)を観戦しました。

3年生が引退した後の初めての公式戦ということもあり、

技術的にも連携的にもまだまだといった印象でした。

 

監督は私が高校生の頃と同じ方で、

監督の大きな声での指示や怒鳴りを聞くと20年以上前を思い出し、

私の身が引き締まる思いでした。

監督の声を聞くと「あの頃」に戻れる、そんな1日でした。

 

試合は9対0の快勝。次も頑張ってね。

【気づき】

2018年11月16日 : ブログ

人事部の武藤です。

 

最近、電車内で広告を見ている人、

つまり顔をあげている人が少なくなったと感じています。

逆に言うと、下を向いてスマートフォンを見ている人の方が圧倒的に多いですね。

私の勝手な主観では、

・朝のラッシュ時に電車の中で上を見ている人:20%

・スマートフォンを見ている人:60%

・新聞・本を読んでいる人:5%

・寝ている人:15%

です。

 

「上を向いて歩こう。言い換えるなら顔をあげて歩こう」

目線が上を向いていた方が背筋も延びて健康にも良い。

スマホを見ているよりは目も悪くならない。

人や電柱等にもぶつからない。

知人とすれ違ったら気付く確立が高い。

 

そして何よりも困った人がいたら、すぐに気付きます。

人間一人では生きられません。

助け合い等が大事とも言われますが、気付き合いもとても大事です。

 

介護の仕事もこの気付きを大事にして支援していきます。

【定年】

2018年11月13日 : ブログ

この時期になると、スポーツ選手からよく聞く言葉「引退」。

怪我や残念ながら結果を出せず引退を選択された方もいますが、

年齢による引退をされた方も多くいます。

 

年齢による引退は一般企業で言うならば「定年」にあたります。

大起エンゼルヘルプの定年は65歳ですが、

65歳以上の方は1年契約として再契約しております。

 

現在の職員の最高年齢は、なんと83歳です。

長く働ける会社である当社。60代から入社される方も多くいます。

 

ご利用者、ご入居者への支援、ドライバー業務、調理補助等、働くお仕事はいろいろ。

勤務日数や勤務時間を含めて、ぜひご相談ください。

今週つぶやき【体を動かすのは日常生活から】

2018年11月09日 : ブログ

人事部の武藤です。

 

先日家の近くでスポーツ祭があり、体力測定を行いました。

恐らく小学生以来に長座体前屈を測定してみましたが、結果は13㎝でした。

自分でも硬いな、とは感じていましたが、

調べてみると長座体前屈の平均(40代前半)は40.18㎝であるため、

私は相当硬いということが証明されてしまいました。

※文部科学省 体力 運動能力調査2017参照

 

何故硬いのか?答えは運動不足です。

日常生活でも歩くのをさぼってエレベーターやエスカレーターに頼ってしまって・・・。

 

脳も体も使わなければ衰えます。

 

そう考えると、大起エンゼルヘルプのグループホーム等の施設の入居者さんは

日常生活から持っている能力をいかして体を動かしたり、脳を使ったりしますね。

当然、そこには職員が関わって支援しておりますが。

 

まずは日常生活から改善していきます。

【介護経験がない方】

2018年11月06日 : ブログ

「私は今まで介護の経験がありませんが、大丈夫でしょうか?」

よくこの言葉を聞きますが、誰でも初めは経験がありませんので、

大起エンゼルヘルプからみれば、全く問題ないです。

 

ただ、どうしても入りたい介護の会社があって、

その会社の入社条件が経験者しか雇わないということであれば

ぜひ大起エンゼルヘルプで経験して、自信を持ってそちらの会社へ入社してください。

もちろん長く働いてほしいので残念ですが、

介護業界からみれば素敵な仲間が増えたことになります。

 

応援します!

今週のつぶやき【寿退社】

2018年11月02日 : ブログ

人事部の松尾です。

先日、寿退社をされる職員さんの送別会があると聞き、お祝いに駆け付けました。

 

退社する職員さん(新婦)は旦那さんと同じ職場である訪問入浴サービスで働いて

おり、高校卒業と同時に今日まで長く働いて頂きました。

本人に聞くと途中、退職を考えた時もあったようですが、上司や同僚、もちろんご主人

にも支えられ、気が付いたら10年を過ぎていたそうです。

 

送別会には、彼女の人柄を反映して訪問入浴の職員や同じ事務所内の訪問介護職員

など、約20名の方が参加されていました。

 

なかには、同じように訪問入浴サービスで職場結婚されて退職された元女性職員も参加

されており現在、子育て中とのことでありますが、保育園へ入園する事が決まったので短

時間での職場復帰をしたいと笑顔で仰っていました。

 

最後にご本人から、「楽しいことや大変な事など色々とありましたが、こうして結婚すること

も出来て、大起エンゼルヘルプで働けて良かったと思います」と言って頂けました。

 

退職とはいえ、幸せになる方を送り出すのは嬉しいことですね。

 

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 24 | 25 | 26 || Next»
PageTop
採用ブログ
最新記事
【一人の行動が・・・】
【何て日だ!】
【インフルエンザ~武藤編~】
【忘れられないインフルエンザの思い出】
カレーサラダ
カテゴリ
全表示
お知らせ
ブログ
新しいカテゴリ1
月間アーカイブ
<  2019-02  >
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28