シンチャオ~初めてのベトナム・面接編~

人事部の武藤です。

先日に続き、ベトナムへ行った際のお話しで、

今回は、第2期外国人技能実習生の面接についてです。

 

面接を受けた方は自分の為、家族の為、理由は様々であるが、

皆、変わらないのは日本へ行って介護の仕事がしたい、

その為にまずは日本語をベトナムで学ぶということだ。

 

12名に対しての面接を2班に分けて行い、グループ会社とあわせ

全員に内定をだしました。

 

こんな志が高い方達を断る理由はない。

むしろ応援しなければならない。

これが大起グループだ。

 

日本へ行ったら何処へ行きたいかの質問の中では、

「桜が見たい」「富士山を見たい」と言われていた。

そして日本人の印象について聞くと、「優しい」「きっちりしている」等、

なんだかプレッシャーを感じる回答であった。

 

しかし、この方達と一緒に仕事がしたい、応援したい、

そんな気持ちが私の中で残りました。

 

日本語の勉強をし、日本への来日はまだ先ですが

皆さん、楽しみに待ってますよ。

頑張ってね。

 

 

写真は面接会場へ到着した場面です。

 

人事部ブログ

一覧に戻る